Koguma

自由に生きたい韓国マニアのゆったり生活

【働き方】複業フリーランサーになったきっかけ

私は昨年、企業に就職するという選択肢を捨て、複数の仕事をしながら生計を立てる、複業フリーランサーになることを決意しました。リスクのある働き方であることを承知の上で始め、現在ももがきながら自分の身の丈に合った働き方を模索しています。

複業フリーランサーとして働きはじめてから、そろそろ1年が経とうとしているので、今回は私が複業フリーランサーになろうと思ったきっかけと、働き方について今思うことを書いてみたいと思います。

この先、安定などない

f:id:schhms:20170924203435j:plain

「20年後には、今ある仕事のほとんどが機械に奪われてしまっているでしょう。安泰と言われている会社でも、この先どうなるか全く予想できません。皆さんはそのことを念頭に働き方を考えましょう。」

就活が始まる時期に聞いた、大学教授の衝撃の一言。時代の流れを敏感にキャッチしていた人なら、そこまでの衝撃はなかったのかもしれませんが、元々世間の流れに疎い私にとっては、かなり衝撃的な事実でした。

友人の中には「そんなこと言われても、今更どうしろっていうの?とりあえず安泰そうな会社で生きるしかないよね。」と言っている人もいましたが、私はそういう風に思えませんでした。

大学教授の言葉が頭から離れなかった私は、とにかく書籍を読み漁り、いま世界の流れがどうなっているのかを勉強することに。AI技術の進歩によって、予測不可能な時代が来るということ、それによって数多くの仕事が淘汰されてしまうこと。常識など一瞬で覆されてしまうこと。そこには、近い将来必ずやってくる事実がありありと書かれていました。

今まで働き方に無頓着だった私は、その事実を目にした瞬間「働き方は一度決めたら安定!なのではなく、一生自分が責任を持って模索し続けなければいけないものなのだ。」ということに気づきました。まずその一歩として、自分に合っていない会社で働くという選択肢を捨てることにしました。

自分は非バトルタイプだ

f:id:schhms:20170924203530j:plain

会社に就職という働き方を捨てた後、いろんな本を読んだり、海外でプチノマドをしてみたり、自分の身の丈にあった働き方を模索し始めました。

たくさん読んだ本のなかでも特に影響されたのがナリワイをつくる:人生を盗まれない働き方という書籍。複業という生き方を始めて私に教えてくれた本です。一つの仕事にすべてを預けるのではなく、いくつかに分散させたり、DIYや農業など現金収入じゃない形で生活につなげたりと、目から鱗な方法にかなり影響されました。

また、この本のおかげで自分は非バトルタイプなんだということに気づくことができました。私は元々社会的成功への執着が少なめ。競争が嫌いで、のんびり屋。まさにこの書籍に出てくる非バトルタイプの典型的な人間。

この本には競争が嫌いな非バトルタイプが、心地よく・力強く生きていくための術が書かれています。自分と社会とのギャップを優しく埋めてくれ、複業フリーランスでやっていくかを悩んでいた私の背中をソッと押してくれました。

自分が非バトルタイプなんだと分かってからは、収入の多さよりも、自由な時間と余裕のある気持ちを優先する働き方を模索することに。

競争させられる会社からは一歩離れ、自分のペースで人間らしく生きたい。そんな気持ちでいろいろなことに挑戦しているうちに、自然と複業フリーランサーとしてやっていける自信がついてきました。

選択肢はたくさんある

f:id:schhms:20170924203550j:plain

いま多くの人が働き方に悩んでいます。世間では働き方改革など言われていますが、社会が変わるには時間がかかります。社会のムーブメントを待っているだけでは、貴重な人生が勿体ないです。

私はすべての人に複業フリーランスという働き方を勧めたいわけではありません。しかし、会社員であれ、フリーランスであれ、何かしらリスク分散はしておいた方がいいのかなとは思っています。何が起こっても、会社に頼れなくなっても、最低限食べていける力。肩書が無くても、自分一本で勝負できる力。これがこれからの時代に必要なのではないかなと思います。

その予防線は、DIYであれ、農業であれ、在宅ワークであれ何でもいいと思います。今の時代、ありがたいことに選択肢は本当にたくさんあるので、自分に合ったものを見つけ、早い段階からコツコツと構築していくのがベストだと思います。

私もまだ複業フリーランス1年目のひよっこですが、受動的な姿勢から能動的な姿勢へと少しずつシフトしていっています。いろんなスキルを身につけ、予測不可能な未来でも柔軟に自由に生きていけたらなと思います。

ナリワイをつくる:人生を盗まれない働き方

新品価格
¥1,404から
(2017/9/24 20:49時点)

 関連記事

schhms.hatenadiary.jp