Koguma

自由に生きたい韓国マニアのゆったり生活

やりたくないことリストは自由への一歩。

 

f:id:schhms:20170820094007p:plain

やりたいことが分からない、どうしたら自由になれるのか分からない。

そういう方が最近多いように感じます。私も大学3回生くらいまでは、周りに流されてな~んとなく生きていました。

自分の好きなことは知っていたけど、これからどんな風に生きたいのか、自分の人生に本当に必要なことは何なのか、真剣に考えることなく、ポーイッと社会に放り出されました。

その後、露頭に迷いかけましたが、本を読み漁り、ひとりで考えまくり、考えたことを友人と語り合い、海外を放浪し…。いろいろ試行錯誤している中で、何となく人生におけるポリシーが見えてきました。

やりたくないことリスト

いろいろ試す中でも一番よかったな~と思ったのが、やりたくないことを明確化すること。”バケットリスト”というものが一時期流行しましたが、個人的には”やりたくないことリスト”を作るほうが、自由への一歩につながるのではないかな~なんて思います。

f:id:schhms:20170820094722p:plain

例えば私のやりたくないことリストはこんな感じ。

  • 理不尽さを見て見ぬふりすること
  • 毎日同じ場所で同じことをすること
  • 腑に落ちないことを強要されること
  • うるさい場所へ行くこと
  • 騒ぐだけのパーティー
  • 親しくない人と長時間いること
  • 睡眠時間を削ること
  • 愛想笑い
  • 物が多い空間にいること
  • コンビニ弁当で一食を済ますこと
  • ごはんを抜くこと
  • 国内にずっといること
  • そんなの常識だ!と言う人に関わること
  • 不満や悪口しか言わない人に関わること
  • ブランド好きな人に関わること
  • 緑のない場所に住むこと
  • 図書館のない場所に住むこと
  • 目が合っているのにこちらを見ていないような人に関わること

ざっと挙げるとこんなかんじです。自分でも、なんて多いんだって思います(笑)人によってこれだけはやりたくない!ってことがありますよね。どんな小さなことでもいいので、そういったことをまず徹底的に紙に書きだして、一つ一つじっくりと考えていくのです。出来るだけ避けるためにはどうしたらいいかを。

そうすると自然と自分のやりたいことや、望むライフスタイル、ワークスタイルがうっすら見えてくると思います。

たまに、やりたくないことを避けようとすると、「人生は甘くない!」「みんな我慢してやってるんだ!」「ただのわがままだ!」とか言ってくる人がいますが、そういった人はスパーンと無視していいと思います。

だってその人が代わりに人生を生きてくれる訳じゃないですからね。人によって好きなことや嫌いなこと、得意不得意がバラバラなのに、同じライフスタイル・同じワークスタイルを強要してくるのはどうかと思っちゃいます。

したいことが見つからない、自由に生きたいけど方法が分からないという方、一度やりたくないことリストを作ってみてください。劇的な変化はなくても、自分のやりたくないことを真剣に考えるという過程を持つことで、その後の人生にじわじわと良い変化をもたらしてくれると思いますよ。なんてえらそうなことを言っている私もまだまだ試行錯誤中ですが…。

 

最後に私が自由へのヒントを得た書籍を紹介します。

  •  Phaさんの「しないことリスト 社会で常識と言われているものを見直すきっかけになりました。

しないことリスト

新品価格
¥1,296から
(2017/8/20 10:05時点)

  • ドミニック・ローホーさんの「ゆたかな人生が始めるシンプルリスト」 自分の身丈に合ったものを見極める大切さを教えてくれた本です。

ゆたかな人生が始まる シンプルリスト (講談社 α文庫)

新品価格
¥680から
(2017/8/20 10:08時点)

どれも興味深い内容ばかりなので、是非読んでみてくださいね。では!

 

schhms.hatenadiary.jp