読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Koguma

ふらふらと生きたい韓国マニアのまったり生活

【韓国留学】韓国語初級者が留学前にしておきたい勉強は?

こんにちは。

最近、いろいろな方の韓国留学ブログを拝見している中で、「留学しているのに韓国語が全然伸びない…」といったある留学生の嘆きの記事があり、「ああ、私も留学のときそんな気持ちになったなあ…」と懐かしく思って読んでいました。

というのも私自身も、韓国語初級レベルの段階で長期留学をしたことがあるのですが、留学生活を送る中で、韓国に渡る前にもっとこんな勉強をしておいたらよかった…と悔むことが多々あったのです。

留学に行かれる方の大半が、私のように韓国語上達を目的で行かれると思いますが、せっかく高いお金を出していく留学なのに、肝心の韓国語があまり伸びなかった…ではちょっと虚しいですよね。

私の経験上、留学前にどのような勉強をしておくかが、留学先での韓国語上達をかなり左右すると思います。ということで今回は、韓国語初級者の方が留学前にしておきたい勉強について紹介したいと思います。

単語は出来るだけたくさん暗記しておく

留学前にしておきたい勉強の一つが、単語の暗記です。何をしたらいいか分からない!という方は、一つでも多く初級レベルの単語を暗記しておきましょう。なぜなら留学先で一から単語を暗記するのは時間がもったいないからです。

留学の一番のメリットは、アウトプットできる環境が整っているということです。日本では韓国語を使う機会がそこまで多くありませんが、韓国では使い放題。街に出れば、韓国語母語話者ばっかりなので、話すしかないですよね!

覚えた単語を正しい発音で伝えられるか、そのシチュエーションに合った表現をうまく使いこなせるか、そういったアウトプットの練習をするのが留学先だと思います。

せっかく留学しているのに一から単語を勉強するというのは、本当に時間がもったいないですし、留学先だからできる勉強(アウトプット)をする時間が少なくなります。

また、韓国語は日本語と似ているので、単語さえ沢山知っていれば、割と相手の言っていることが聞き取れたりします。

私の場合は、キクタンで初級の単語をひたすら覚えてから韓国に渡りました。おかげで語学堂での授業もすでに知っている単語だらけだったので、その分話す練習に集中できたと思います。それでも単語をもっと勉強しておいたらよかった…と悔やむことがあったので、覚えられる限り単語を頭に入れてから韓国に渡ることをおすすめしたいです。

そして、単語暗記にはやはり音声CDも付いているキクタンがベストだと思います。種類も豊富なので、ご自身のレベルに合わせて使ってみてくださいね!

改訂版キクタン韓国語初級編

新品価格
¥2,160から
(2017/5/7 18:13時点)

 初級文法はサラッとでも目を通しておく

2つ目は初級文法をサラッと予習しておくということです。先ほどの単語を暗記しておくということと共通するのですが、韓国で一から文法を勉強するのは時間がもったいないです。というのも、韓国の語学堂や民間の語学学校のほとんどが、媒介語なしで授業をします。つまり日本語で文法を説明してくれる学校はほとんど無いということです。

いきなり韓国語で韓国語を勉強するのだから当然理解するのにも時間が掛かりますし、何より精神的にも負担が大きいですよね。中級レベルになってくると、韓国語で説明されてもある程度理解できるのですが、まだ初級の段階だとかなり負担が大きいです。

ですので、サラッとでもいいので、初級文法に目を通しておかれることをおすすめしたいです。ある程度どんな文法を学ぶのかを知っているだけでも、授業で出てきたときに「あ!この文法見たことあるぞ!」となるので、勉強の負担がかなり軽くなります。もちろんすぐ理解できるので、その分、口頭練習に集中できます。

もうすぐ出国で文法を勉強する時間なんて無い!という方はせめて、日本語で丁寧に説明されている文法参考書を持っていかれることをおすすめします。それだけで現地の授業で困ったときにかなり役立つと思いますよ!

ちなみに韓国語初級文法の参考書ならこちらの本がおすすめです。私も実際留学するときに持っていったのですが、初級文法が網羅されていたのでかなり助けられました。重いのが嫌という方にも嬉しいKindle版もあるのでおすすめです!

しっかり身につく韓国語トレーニングブック (CD book)

新品価格
¥2,592から
(2017/5/7 18:32時点)

発音練習をたくさんしておく

発音練習をたくさんしておくことも、留学前にしておきたいことの一つです。発音は韓国に行ってから練習すればいいや!という方もおられると思いますが、やはりしておくとしておかないとではスタート地点が全然違います。

私自身この発音練習をあまりせずに韓国に渡ったため、初めの二週間くらい舌が全然回りませんでした。日本人が苦手とする"ㄹ"やその他のパッチムは、地道な練習でのみ克服できると思います。

発音練習と言っても、単語を暗記するときに声に出してみたり、簡単な文を舌がほぐれるまで何回も音読するだけでも、かなり韓国語の発音に慣れると思います。

音読の大切さについては以下の記事で紹介しているのでご参照下さい。

schhms.hatenadiary.jp

コミュニケーションというのは瞬発力です。せっかく単語を覚えても、口がうまく動かなければ悔しい思いをするだけです…!留学前は実際にコミュニケーションをしている自分の姿を想像しながら、ひたすら韓国語を声に出しましょう!

 

日常でよく使えるフレーズを押さえておく

そして最後に紹介するのが、日常生活でよく使えるフレーズを押さえておくということです。

いくら韓国語初級者だといっても、韓国に着いた瞬間から韓国生活は始まります。学校の先生や外国人への理解がある人以外は、容赦なくネイティブスピードの速さで話しかけてきますし、そのなかで自分なりに対応していかなければいけません。しかし、瞬発的に頭で文法を考えて話すというのは初級段階では難しいです。

そこでおすすめしたいのが、日常生活での必須フレーズや、ある程度自分のことを伝えられるフレーズを暗記しておくという方法です。

あいさつするとき、お礼を言うとき、道を尋ねるとき、 自己紹介をするときなど、留学先で直ぐさま遭遇するだろういろいろなシチュエーションを想像しながら、必要そうなフレーズを丸暗記してみてください。

咄嗟のときでもスッと自然に口から出るくらいまで練習しておくと、いきなりの韓国生活でも安心だと思います!

私の場合は、初級レベルだったにも関わらず、必要そうなフレーズを暗記しまくって行ったお陰で、初めのころからある程度自分のことを伝えることができました。

韓国の人たちも、自分達の国の言葉を一生懸命話そうとしている外国人には好感を持って接してくれると思うので、自信を持って覚えたフレーズを使ってみてくださいね!

  

ということで今回は私の留学経験を元に、韓国語初級者が留学前にしておきたい勉強をいくつか紹介しました。もちろん、これを全部するなんて大変だと思うので、今の自分に必要だなと思う部分だけ参考程度に実践してみてくださいね。

せっかくの留学!しっかり準備して、充実したものにしてくださいね!応援してます。