Koguma

ふらふらと生きたい韓国マニアのまったり生活

【韓国語】日頃の韓国語勉強法を紹介

 

ふと気が付くと、今年で韓国語を勉強し始めて8年目に突入していました。ハングルを必死で覚えていたのがとても懐かしいです。

わたしはTOPIK(韓国語能力試験を2013年に一度、そして昨年の秋にまた一度受験し、一応2回とも高級(6級)に合格しています。

もちろんネイティブレベルではありませんが、日常生活やニュースの聞き取りにあまり不自由を感じない程度だと思います。

自分なりのノウハウで今まで勉強してきたので、今回は現在韓国語を勉強しておられる方に少しでも参考になればと思い、私の日頃の勉強法をいくつか紹介したいと思います。

 ただ、わたしの場合、日頃何時間も時間を取って勉強している訳ではなく、忘れないように維持している感じなので、日常生活の中で出来そうな勉強方法だと思ってもらえればと思います。

試験対策や、初級・中級・上級など韓国語のレベルに合った勉強法はまた別記事でアップしたいと思います。

ちなみに、勉強法といっても、人それぞれスタイルも違うと思うので、これが一番効果的だ!とは一概に言えません。必ずしもわたしの勉強法が効果的という訳ではないので、参考程度にしていただければと思います。

積極的に韓国の検索サイトを利用する

f:id:schhms:20170430171513j:plain

まず一つ目の勉強法は、積極的に韓国の検索サイトを利用するということです。

わたしは日頃から、ニュースとか、エンタメ関連のこととか、韓国に関することの情報集めを全て韓国語のサイトからしています。当たり前のことですが、韓国のことについて調べるとき、日本のサイトより韓国のサイトの方が、断然情報量が多いからです。普段は情報集めが目的ですが、よく考えてみると、これが結構わたしの韓国語能力の維持につながっているのではないかなと思います。

参考書などに載っていない言葉や、流行語、言い回しなども学べるし、いま韓国で使われている最新(?)の韓国語にも常に触れることができます。また、語彙力や読解力、情報を素早くスキミング・スキャニングする、速読を鍛えるためにもかなり効果的だと思います。

そして何よりも良いのが、自分の興味のあることに関する記事なので、単調なテキストや興味のない読解問題よりも、読もう!という気持ちになれるという点。私自身、外国語を勉強していて強く思ったのが、興味やモチベーションがなければ、語学というものは全然伸びないということです。私の経験上、成績や試験のために仕方なくしている人は、ある程度伸びたとしても、流暢さに欠けていたり、初中級レベルからの伸びがあまりないように感じます。

そんなに難しいことでなくても、大丈夫です。新しく覚えた表現や単語を検索サイトに入力するだけでも、その表現が使われているブログ記事やニュース記事などがズラッと出てくるので、興味のあるものをわかる範囲で読めばいいのです。

他にも、好きなアイドルや芸能人のエンタメネタを検索するだけでも、旅行の情報をちょっと調べてみるだけでもいいので、毎日1つ何かを検索してみることから始めてみてください。

当たり前のようなことを言いますが、語学というものはその目標言語に触れる時間が長ければ長いほどのびますし、毎日繰り返すことで長期記憶になります。

普段の生活の中に是非取り入れてみてくださいね。 

ネイティブと交流する機会を頻繁にもつ

f:id:schhms:20170502212124j:plain

2つ目の勉強法は、韓国人の友人と交流するということです。外国語を伸ばしたいなら、ネイティブと話すのが何よりも効果的です。

習ったことをアウトプットし、彼らからまた新しい言葉を学びインプットする。この過程があるとないとで伸び具合が全然違います。そして、モチベーションの維持にも欠かせない過程だと思います。

私自身、日頃から韓国人の友人と毎日のようにメールのやりとりをしながら、日々いろんな語彙や表現を学んでいます。友人とコミュニケーションがとりたいからメールしているのですが、それでも「お!こういう言い回しするんだ。」とか「これは知らない単語だな~。」とか、日々発見があり自然と勉強になっています。現在は日本に住んでいるので、毎日のように顔を合わせて話したりはできていませんが、メールのやり取りだけでも語学力維持に大いに役だっています。

しかし、ここで多くの人が悩むポイントが、韓国語を使う環境がない!韓国人の友人がいない!という場合です。私も韓国語を勉強し始めた当初は、周りにネイティブがいなかったのでかなり困りました。田舎に住んでいたため、韓国人どころか外国人さえもいない!という環境でした。

そこで私は、オンライン上の韓国語レッスンを受けてみたり、友人に留学生を紹介してもらったり、日本語を勉強している韓国人留学生とランゲージエクスチェンジをしたり…あらゆるものに手を出しまくりながら、韓国語をアウトプットする機会を増やしていました。やはり探してみれば何かしらあるものです。

最近は本当に安くでネイティブから外国語が学べるので、工夫次第で留学無しでもかなりのレベルまで語学力をUPできるのではないかなと思います。オンラインのものもかなり内容が充実しているので、是非ご参考下さいね。

オンラインの外国語学習サービス italki

 

会話の中で理解できなかった単語をその場でメモしておく

f:id:schhms:20170430171748j:plain

3つ目の勉強法は単語メモを作成するという方法です。単語メモといっても繰り返し見る暗記用のものではなくて、会話の中で理解できなかった単語のリストです。

私は日頃、韓国の友人との会話の中で知らない単語が出て来たら、その場ですぐにスマホのメモにストックしておきます。いちいち綺麗にまとめたりする必要はなく、ただその場でササッとメモしておくのです。以下のメモが実際わたしが韓国人との会話の中で分からなかった単語をストックしておいたものです。日常使いには微妙な単語もありますが、おきになさらず…(笑)
f:id:schhms:20170430133722j:image
とりあえずカテゴリーとか品詞とか気にせずメモし、後からゆっくり時間が取れるときにちゃんとした意味を調べたり、例文を作ってみたりします。

メモに「?」がついているのは、その状況で自分が推測した意味であって、その意味が正しいかどうかは分からないものです。

この方法はネイティブと話しているときによくする方法なんですが、なぜこれをするかというと、話しているときって、話すのに夢中になってしまいますよね。「さっき話していたとき、分からなかった単語あったよなー。あれ?何だっけ?」と後から思い出そうとしてもこれが結構難しい。

楽しく会話したのはしたけど、新しく学んだ単語何だっけ?何にも覚えてないや。ではせっかくのインプットの機会が非常に勿体無いです。

なので、いつでもサッとメモできる状態にしておいて、分からない単語が出てきた時にとりあえずその場でストックしておくと、後でゆっくりと単語勉強できます。分からない単語だけでなく、自分が会話の中でつまずいたポイントなどもササッと箇条書きしておくと便利です。

私の場合はたいていスマホのメモにストックするのですが、小さなメモ帳なんかでもいいと思います。ただ、スマホの場合はいつでも手元にあり、後からパソコンやタブレットなどで共有できるので、個人的にこちらの方が便利だと思います。

この方法を行うと、ネイティブからのインプットを逃さずキャッチできますし、このストックをまとめて自分だけの単語ノートを作ると、ネイティブ表現や実生活に便利な語彙がたっぷりつまったノートになると思います。せっかくのネイティブとの交流、ただ話して満足!終わり!よりも、学んだことがちゃんと目に見えて残る方がいいですよね。

ちなみに、ネイティブと会話する機会があんまりない!という方は、ドラマを観ているときなんかにも応用できる方法なので是非試してみてくださいね。 

本や記事を音読する 

f:id:schhms:20170502171842j:plain

外国語は使わないとすぐに忘れる!という言葉は有名ですよね。正確には忘れるというより、アウトプットの自動化がスムーズにいかなくなるのだと思います。つまり、今まで頭で考えなくてもスルッと出てくる状態だったのが、使用頻度が減るにつれてだんだんと凝り固まっていき、頭をフル回転しないと言葉がスムーズに出てこなくなる状態になるのだと思います。

しばらく話さないと、頭では言いたい単語がわかっているけど、口がうまく動かなかったり、不自然な発音になってしまったりしますよね。もちろん私も経験済みです…。

他の外国語もそうだと思いますが、韓国語は日本語と発音が全然違うので、意識しないとすぐに日本語発音に戻ってしまいますし、舌が回らなくなってしまいます。

そこで私が日頃意識的に行っているのが、本や記事の音読です

わたしは韓国語で書かれた本や記事を読むとき、黙読するのではなく、発音を意識しながら声に出して読むようにしています。初めは口の形を意識しながらゆっくりと音読し、段々と自然なスピードまで速くしていきます。繰り返している間にだんだんと舌がほぐれて韓国語の発音に慣れていき、舌が回らない、不自然な発音になるといったことがかなり改善されるので、本当におすすめです。

私は文頭にくる「ㅆ」の発音が苦手だったのですが、音読を始めてから、会話中でもかなりスムーズに発音できるようになりました。

ちなみにプラスαとして、音読をするときに自分の声をスマホなどで録音して後から聞くのも効果的です。自分の発音癖を客観的に分析できるので、是非してみて下さいね。

韓国語を生活に溶け込ますのがポイント!

今回は4つの勉強法を紹介しました。なんだ、どの勉強法も王道じゃん!と思われた方もいるかとは思いますが、どれも効果を実感した方法ばかりです。

私の勉強法は、いかに生活の中で無理なく続けられるか、そして勉強!と構えずに楽しめるかということに重きを置いています。目標言語をどれだけ生活勉強に溶け込ますかが、長続きの秘訣だと思います。

と、えらそうなことを言っていますが、私もまだまだ模索中なので、もしこんな勉強法あるよ!というのがあれば是非教えてください。

今回の記事が皆さんの韓国語勉強に少しでも参考になればと思います!