Koguma

ふらふらと生きたい韓国マニアのまったり生活

【韓国旅行】ソウル・忠武路にあるタッカンマリが美味しいお店

前回に続いて、今回もソウルの美味しいお店を紹介したいと思います。

今日紹介するのはタッカンマリという料理です。韓国語で書くと닭한마리。訳すと「鶏一羽」というなんとも雑な名前の料理です。(失礼)

でも、考えてみると日本の料理名の方が独特なのかもしれませんね。親子丼とかきつねうどんとか。海外の人がそれだけ聞いても、どんな料理か全然想像がつかないでしょうね。見立てるのが大好きな日本文化が表れていて面白いです。

料理名を見たら、どんな材料が入っているのか、どうやって調理しているのかが分かる方が、世界的に見たらメジャーなのでしょう。

 ……はい、話が逸れてしまいましたが…。このタッカンマリという料理、韓国料理の中ではあまりメジャーではないようで、実際韓国の友人の中にも食べたことがない人が結構いました。釜山に住む友人に至っては、「何それ?鳥一羽?」と、どんな料理かも知らない様子でした。他の地方ではあまり食べないのかな…。

日本人観光客の間では、割と知名度がある料理ですが、現地の人はそこまで頻繁に食べないようですね。

私はこのタッカンマリが大好きなので、旅行に行くたびに必ず食べるのですが、いつも決まって行くお店があります。今回はそのお店を紹介したいと思います。

 トンデタッカンマリ(동대 닭한마리)

トンデタッカンマリは、忠武路というエリアに位置しています。(最後に地図を載せています。)日本人に人気の観光エリア、明洞の横に位置しているエリアで、東国大学という大きな大学がある学生街です。なので、このエリアには学生向けの美味しくて安い食堂が結構あります。

そんな忠武路エリアにあるのが、トンデタッカンマリというお店。韓国人の間でも、忠武路の美味しいお店といえばここ!と言われるほど人気のお店ですよ。

外観はこんな感じ。路地の中にありますが、なんせ看板が派手なのですぐにわかると思います。ちなみにこのお店が本店ですが、すぐ近くにもう一店同じ店があります。この間行ったとき、ここの本店が満席だったので、その離れ(?)のようなところに行けと言われました。

f:id:schhms:20170420174510j:plain

向かい側のお店の前に、ドラマ「太陽の末裔」の応援ポスター?がありました。ちなみにここは焼肉のお店です。何回か留学時代に行きましたが、ここも美味しいですよ。

f:id:schhms:20170420174521j:plain

 

さて、いざ入店。一応、テーブル席と靴を脱いで座る席がありますが、入った途端お店のおばちゃんがあそこに座りなさいと指示してきました。おばちゃんの気分にもよりますが、昼時とか休日だったら席は選べないかもしれません。

ちなみに私は入口付近の席に座れと言われましたが、嫌だったので奥の席に座りました。若干不満そうでしたが特に問題はなかったです(笑)

 メニューは壁に大きく掛けてあります。タッカンマリという料理は普通2~3人分しかないので、他にサイズ選択の余地はありません。なので食べに行くときは、一人ではなく2~3人で行かれることをおすすめします。

f:id:schhms:20170420174522j:plain

メインメニューはタッカンマリしかなく、あとは追加の具材(サツマイモや餅)、余ったタッカンマリの汁に入れる、シメのうどんやチャーハンなどがサイドメニューとなっています。

メニューがタッカンマリしかないので、席についたら特に注文しなくてもおばちゃんが「タッカンマリね~。」と確認してくれ、すぐにお鍋を持ってきてくれました。待っても何も言ってこないようなら呼んで注文しなければいけませんが、たぶん確認してくれると思います。

 おばちゃんがお鍋を火にかけてくれるので、しばらく具材に火が通るまで待ちます。その際、つけダレの具材も一緒に持ってきてくれるので、待っている間つけダレを自分で作っておきます。写真のようにテーブルの横につけダレの作り方が書いてあります。

タデギという赤い唐辛子ニンニクペーストをたくさん入れ(辛くないです)、からしを少し入れます。写真に左にうつっている青色の蓋のボトルに醤油ソースが入っているのでそれを少し入れます。よくかき混ぜます。ニラを混ぜたら完成。

f:id:schhms:20170420174535j:plain

 

何回も蓋を開けて火が通っているかどうか確認していたら、例のおばちゃんが来て、「まだまだ!もう少し待ちなさいな」と教えてくれました(笑) おばちゃんにタッカンマリの管理を任せていいのか、それともこっちで判断して食べてもいいものなのか判断に困りましたが、その日はおばちゃんも暇そうだったので、こちらにかなり気を配ってくれていたようです。

そうしているうちに、おばちゃんから「餅は火が通ったからそれから食べ始めていいよ」というGoサインが出たので、早速食べ始めました。

f:id:schhms:20170420174600j:plain

鶏一匹入っているので、鶏がらスープがとっても濃厚!コラーゲンたっぷりでお肌ぷるぷるになりそうです。具材は骨付き鶏肉、サツマイモ、餅、ネギ、人参、ニンニクなどなど。ボリュームたっぷりで、具材もほっくほく、とろとろでとっても美味しいです。そこまで辛くないので、辛い食べ物が苦手な方にもおすすめしたいです。

f:id:schhms:20170420174607j:plain

このスープ自体に味が結構ついているので、これだけでも美味しいですが、つけダレにつけるとまた違った味わいになります。つけダレの醬油ソースには少しお酢が入っているので適度な酸味でさっぱりと食べられますよ~。ニラとの相性も抜群です。

f:id:schhms:20170420174617j:plain

私たちは、2~3人前を女2人で食べたので、かなりのボリュームでした。4人で行った場合とか、男性の場合は物足りないかもしれないので、さきほど書いたサイドメニューを追加してもいいかもしれません。サツマイモと餅ともに2000ウォンで追加できます。注文するときは「コグマサリ(トッ サリ) チュガヘジュセヨ」(サツマイモ(餅)追加してください)と言えばしてくれます。

f:id:schhms:20170420174625j:plain

私たちは、シメにカルグクス(韓国のうどん)を追加しました。鶏がらスープが時間が経つにつれ、どんどん濃厚になっていくので、麺との相性が抜群です。麺もほどよく歯ごたえがあり、噛めば噛むほど甘みが出てとても美味しいです。このカルグクスも2000ウォンしかしないので、シメとして絶対追加した方がいいです。本当においしいです。ちなみにご飯派の方は、この残りスープでチャーハンを作ってくれるので、ポックンパプ(チャーハン)を注文してみてください。

f:id:schhms:20170420174627j:plain

会計は2人で23000ウォン(日本円で2200円くらい)でした。タッカンマリが21000ウォン、追加のうどん2000ウォンで、一人当たり日本円で1100円位なのでかなりリーズナブルだと思います。

 

では最後にいつものように、星5つで店全体の評価をしてみたいと思います。

トンデタッカンマリの評価

 

  • 立地 ★★★

 (駅から歩いて6分ほどの距離で、遠くもなく近くもなくというところです。)

  • 価格 ★★★★

(ボリュームと美味しさを考えると価格に不満はありません。)

  • 雰囲気 ★★★

(学生街にある店なので、休日やお昼時は混んでいて少し騒がしいかもしれません。)

  • 味  ★★★★★

(激うまの一言です。)

  • サービスや店員さん ★★★

(店員さんがみんなおばちゃんなので押し強めな感じですが、普通に親切でした。)

 

 最後にお店の情報を載せておきます!是非行ってみて下さいね~。

住所:10-2 Pildong 3-ga, Jung-gu, Seoul, South Korea

営業時間 月-金 11:00-23:00 土日11:00-22:00