読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Koguma

ふらふらと生きたい韓国マニアのまったり生活

【韓国旅行】コスパ最強のWifiプリペイドを使ってみた。

こんにちは、そみです。いきなりですが韓国マニア歴、今年で8年目を迎えました。渡韓は留学なども含めたら30回ほどなのかな…。たぶんほかのマニアの人からしたら少ないでしょう。年に最低でも3回ほど行けたらいいかな、という程度なので…。

 

私は海外に行くのが大好きなのですが、決してお金に余裕のある身分ではないため、いつも最大限安く行ける方法を考えます。特に韓国の場合は、ほんとしょっちゅう行くので、もはや海外旅行という感覚ではなくなってきています。なので食費以外にあまりお金をかけたくないというのが本音。(食いしん坊は旅行先での食費を絶対ケチらない。)

最近はLCCや格安ホテルのおかげでもあって、渡航費や宿泊費はかなりお安く抑えられるのですが、地味~に負担となってくるのがネット通信代

韓国旅行でのネット環境確保

では今回の本題、韓国旅行の際ネットをどうするか。

だいたいパッと思いつくのが海外用のWifiルーターレンタルSIMカード各携帯会社の海外プランなどなどですかね。

私も以前は韓国に行くたびにWifiルーターをレンタルしていました。以前は友達と言ったり家族と行くことが多かったので、みんなで割ればそこまで負担になる金額ではなかったんです。

しかし、何回も韓国に行くうちに土地勘もつき、語学にも困らなくなり、一人でもバンバン行くようになり……ネットが無いと観光なんてできない!!不安すぎる!!という状態ではなくなったんです。

そこで出来るだけ旅行費を抑えてより長く韓国に滞在したい!ということを考えたとき、やっぱりWifiルーターに5000円も6000円もお金をかけるのはもったいなく感じてしまいました。

ちなみに、SIMカードも一応コンビニなどで販売されています。でも1か月~など長期滞在者用のものしか売っていなくて、価格も結構高かった印象です。そして、コンビニ店員もSIM設定方法を知らない人が多く、SIMの設定に疎い方は苦労されるかもです。

他のアジア各国のように4泊5日プランとか1日プランとかのSIMが安くで用意されていないんですよね~。この点は早く改善されたらいいな~と個人的に強く願っているのですが…。いつになるやら。

ということで今回は、少し前から私が愛用し始めたWifiプリペイドについて少し書いてみたいと思います。

Olleh Wifi プリペイドの購入場所

 正式名は「Olleh Wifi プリペイドカード」です。価格は9900ウォン(日本円で大体1000円くらい)で、一枚で4日使用可能です。販売場所は主にコンビニ。Amazonのギフトカードなんかが売っているコーナーに一緒に売ってある場合が多いです。

f:id:schhms:20170107222234j:plain

もしコンビニの店員さんにあるかどうか訊きたい時は、こちらの画像を見せるのが早いかなと思います。もしくは「올레 와이파이 이용권 있어요? 」(オーレ ワイパイ イヨンクォン イッソヨ?)と訊いてみてもいいと思います。実は、意外と韓国人でもこのカードの存在すら知らない人多いです。店員さんに「え?なにそれ?」て顔されたらカードの写真を見せてみましょう。

 

使用方法

カードの裏側をコインで削るとPIN番号があらわれます。(写真を撮り忘れました…)

Wifiの接続設定にうつり、OllehWifi(鍵マークが無いもの)を選択すると、下のような画面にとぶので、Prepaid wifi PIN登録に進みます。

はじめはこのページが韓国語で表示されますが、右上に言語選択があり日本語もちゃんとあるのでご安心を…。あ、ちなみにOllehWifiがあるエリアでしか、この接続作業はできないのでご注意を。もちろん、Wifiの使用もOllehWifiエリアでしかできないです。

f:id:schhms:20170111154852j:plain

 

PINコードと個人情報を入力するページに移るので、12桁のPIN番号を間違えないように入力します。

f:id:schhms:20170111154900j:plain

 次に進むと、利用方式を選択するページがでてきます。

連続利用」を選ぶと4日間再入力無しで連続して使うことが出来ます。4日間ずっと使うという方におすすめです。

3日しか使わない場合だったり、必要な時だけ接続して使いたいという方は「個別使用」がいいと思います。個別使用の場合、一度の接続でまる24時間使えます。はじめの接続から24時間過ぎると、自動で切れるという仕組みなので、また必要な時にはPINコードを再び入力する必要があります。なので4回分全部使い切るまで、PINコードは大切に保管しておきましょう!f:id:schhms:20170111161000j:plainまた、4回分全部使い切れなかった時は、次回の旅行まで置いておいてもいいと思います。使用期限などは特に書かれていないので、おそらく無いと思います。以前、残った1回分を購入から半年経っている状態でも使用できました。

ちなみに、コンビニでは今回紹介したカードタイプの他にも、レシートにPIN番号が書かれている1日利用タイプも販売されているそうです。また、Ollehのホームページからクレジット決済でプリペイドを購入することもできるそうです。

今回紹介したのはコンビニで販売している4日分のカードでしたが、また他のものも試してみたらブログに書きたいと思います。

 

Wifiプリペイドのメリットとデメリット

 では、ここまでだらだらと書いてきたので最後にメリットとデメリットをまとめてみたいと思います。

まずメリットから

  • とにかく安い!!!(9900ウォンで4日なので、1日あたり2475ウォン)
  • 旅行前にルーターを申し込んだり受け取ったり返却する手間が省ける。
  • コンビニで手軽に買える。
  • 設定がわりと簡単。パスポートナンバーなども入れなくていいので安心。
  • 地下鉄の車内も大体OllehWifiゾーンなのでスムーズにつながる。

そしてデメリット

  • プリペイドを売っているコンビニと売っていないコンビニがある。
  • OllehWifiゾーン以外では使用できない。どこでもいつでも使える訳ではない。
  • 海外旅行ルーターのような安定性とスピード感がない
  • 地方や田舎での使用が可能か未確認。(ちなみにソウル市内と釜山市内では使えました。)

ということで、私のようなコスパ重視でネットはそんなに重要じゃない!という方に、このWifiプリペイドをおすすめしたいです。

正直、韓国はネット大国なのでカフェとかホテルには必ずといっていいほどWifiがあります。なので、韓国旅行初心者の方だったり、パソコンなどでもネット接続をしたい方、常にルーターがないと不安という方以外は、このWifiプリペイドで十分事足りるのではないかと思います。

しかし一方で、ビジネスで行くとか、大事な約束があって連絡がとれなくなったら困るという方にはおすすめできません。そういう方は海外旅行専用のWifiレンタル をするか、SIMカードを買うのが安心だと思います! 

この情報は2016年9月時点での情報なので、今は変わっている場合もあります。ご注意ください。